子供の矯正歯科治療

早期治療を始めるメリット

子供の矯正治療のメリットは、成長をコントロールできるということです。早期治療によって、上下のあごのバランスを整え、 歯並びを広げることで、大切な永久歯を抜かないで歯並びを整えられる場合もあります

不正咬合の原因には遺伝による先天的なものと、習慣による後天的なものがあります。指しゃぶりや舌癖、噛み癖などの悪習癖は、顎の発達やかみ合わせを悪くします。お子さまのお口に関心を持ち、日常生活から不正咬合を予防することも大切です。

子供の矯正治療は、お一人おひとりの歯並びやかみ合わせ、習癖などによっても治療に適した時期が異なります。 「おかしいな」と思ったら、できるだけ早めにご相談にお越しください。

小学校高学年までは矯正治療の準備期間

矯正治療の準備期間

矯正治療では、永久歯の生えそろう12歳前後を境にして、乳歯から永久歯に生え変わる混合歯列期は準備期間と考えています。

大人の歯並びが完成したお子さまの矯正治療

永久歯の並びが完成すると、本格的な矯正治療として歯並び全体をきれいに仕上げていくことができます。しかし、歯の重なりを解消したり、出っ歯や受け口のように前歯を後退させるために、永久歯を抜歯しなければならない場合もあります。早期治療により永久歯を抜かないですむこともあり、10代ではまだ成長期にあり、いくつかの治療法が選択できることも可能です。気になったらできるだけ早めに相談されることをおすすめします。

▲ページトップへ戻る

乳歯のお子さまの矯正治療

乳歯列期は、お子さまから、治療に対しての協力が得られにくい時期です。
歯並びに影響するような癖があれば、指導を行いながら経過観察をおこなうことが多くなります。早期治療として、ごく簡単な取り外せる装置を使用する場合もあります。

マウスピースによる準備矯正

「できれば矯正治療はやりたくない」、と思っている方は多いと思います。また、「歯並びが悪くならないように何か家庭でできる予防法はないかな」、と考えていらっしゃる方も多いと思います。成長期のお子様では、筋肉の力は顎の成長や歯並びに大きな影響を及ぼします。口を閉じで鼻で息をすること、嚥下・咀嚼・発音の際の正しい舌の使い方が不正咬合の予防に非常に大切です。筋肉は生きた矯正装置ともいえます。

マウスピースは筋機能訓練の補助的な装置でもあり、顎関係の改善や歯列の拡大に効果があります。外せる装置や固定式の装置で歯に矯正力をかける前に、お口の周囲の筋肉を正しく使うことで不正咬合を予防します。ムーシールドもマウスピースのひとつですが、他にも「プレオルソ」(大塚式)T4Kといったものもあり、状況により使い分けます。

マウスピース

受け口の小さいお子さまにムーシールド

乳歯が生えそろったお子さまの、反対咬合(受け口)で悩んでいるお母さまもいらっしゃると思います。この時期の受け口は、骨格的な問題ではなく前歯の傾斜が原因であることが多くみられ、乳歯が抜けて永久歯が生えてくる時に、歯の向きが変わって自然になおってしまうこともあります。しかし、なかには永久歯の前歯も受け口になってしまい、前歯の矯正治療が必要になる場合もあります。

ムーシールド

「ムーシールド」は、就寝時にお口のなかに入れて使用するマウスピースで、舌や口のまわりの筋肉のバランスを整え、筋肉の力で歯を動かす装置です。乳歯しか生えていない4歳ぐらいのお子さまから、受け口の治療をはじめていただけます。受け口のお子さますべてに、ムーシールドが有効なわけではありませんが、ぜひご相談いただければと思います。

ムーシールド装着例

ページトップへ戻る

生え変わりの時期のお子さまの矯正治療

混合歯列期は、乳歯から永久歯に生え変わる時期です。この時期に永久歯の並びが悪い場合には、固定式の装置をつけて、部分的に治療をおこなう必要が出てきます。骨格的なバランスの悪い場合や、歯の生えるスペースが不足している場合には、この時期に治療を開始します。

床矯正装置

床矯正装置は、裏側のプラスチック製の床部分(レジン床)と表側の歯を抑える金属線で作られた、入れ歯のような形の装置です。床の部分にバネやネジを埋め込むことで、歯を移動します。多くは前歯のかみ合わせが深い過蓋咬合や、下顎が後ろに下がっている上顎前突対して下顎の位置を前方に誘導する目的で用いられます。お口の状況に応じて使用しますが、基本的に一日中できるだけお口の中に入れる必要があります。

床矯正装置

混合歯列期の部分矯正

歯列の変化が激しい生え変わりの時期のお子さまの場合は、部分矯正で対応が可能な場合があります。永久歯が生えそろう前の小学生のうちに、矯正治療の相談をされることをおすすめします。

乳歯を早めに抜いて永久歯をきれいに並べる

前歯が生え変わる段階に永久歯が生えるスペースが足りないと、歯並びはどんどん悪くなっていきます。タイミング良く早めに乳歯を抜くと、永久歯の出てくる方向が誘導されて、歯はきちんと並んできます

できるだけ永久歯を抜かないために

アルファ矯正歯科では、子供の時期に早期治療をおこなうことで、できるだけ永久歯を抜かない治療を提案したいと考えています。

GMD装置やカリエールによる早期治療で、永久歯を抜かずにスぺ―スを作ります

GMD装置は、奥歯を後方へ移動することで、歯を並べるスペース増やすことができる矯正装置です。また、拡大装置は歯列の幅を広げることでスペースをつくります。早期治療をおこなうことにより、歯を抜かないで矯正治療できる可能性が高くなります。

カリエールによる治療

GMD装置装着例

ページトップへ戻る

矯正治療を受けたお子さまからのメッセージ

患者さんからのメッセージ

▲ページトップへ戻る

  • 治療のご案内
  • 治療のコンセプト
  • 矯正治療の流れ
  • 不正咬合の予防
  • 子どもの矯正歯科治療
  • 大人の矯正歯科治療
  • 矯正装置について
  • 歯並びの種類と治療例
  • 矯正治療料金
  • 矯正治療Q&A
  • クリニックのご案内
  • ドクター・診療室紹介
  • アクセス・診療時間
  • クリニックからのお知らせ

京王線
府中駅 徒歩2分

JR南武線|JR武蔵野線
府中本町駅 徒歩7分

東京都府中市宮町1-23-9
中野ビル2F

ご相談・お問合せ
矯正歯科医会
ekubomagazine
求人募集