矯正装置について

目立たない矯正装置

審美ブラケット
歯に接着する小さい装置をブラケットといいます。従来はメタルブラケットという金属製のものを使いますが、最近では目立たない審美ブラケットを使用しています。審美ワイヤーを使用することで、さらに目立ちにくくなります。
審美ブラケット
 
ブラケット+カラーゴム
カラーゴムを使って楽しむこともできます。
ブラケット+カラーゴム
 

セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケットは、金属の“ふた”でワイヤーを押さえます。それによりワイヤーとブラケットの摩擦抵抗が軽減されて、歯の移動がスムーズになり治療期間の短縮が期待できます。また、弱い力で歯を動かすことで、痛みをやわらげるよう努めています。

アルファ矯正歯科で使用しているセルフライゲーションブラケット

アルファ矯正歯科では、下記のセルフライゲーションブラケット装置を使用しています。

クリッピーC

▲ページトップへ戻る

リンガルブラケット矯正法(舌側矯正)

舌側矯正は、歯の裏側に矯正装置をつける方法で、外からは矯正装置が見えないという最大のメリットがあります。その反面、表側の装置に比べ、装置の違和感、発音障害、衛生管理、食べづらさ、治療期間といった面でデメリットもあります。歯並びの状況によって補助装置を利用したり、一時的に表側に装置をつける場合もあります。おひとりお一人の症状や社会的な立場により、メリット・デメリットが変わってきます。

上顎と下顎ともに裏側から治療するフルリンガルと、上顎は裏側矯正で行い、くちびるで隠れてあまり目立たない下顎は外側の審美ブラケットで行うハーフリンガルという方法もあります。

より快適な舌側矯正装置

裏側矯正装置

従来の装置よりも小型化によって改良された、リンガルブラケット装置(クリッピーL、S.T.bブラケット)を導入しています。発音障害や舌の違和感が軽減され、歯の移動もスムースになりより快適に舌側矯正を受けていただけるよう努めています。

▲ページトップへ戻る

ワイヤーを使用しない、取り外し可能なマウスピース矯正

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザライン

マウスピース型矯正装置(インビザライン)治療では、あらかじめ治療終了時までの歯の動きをシミュレーションし、その結果に基づいてつくられた透明なマウスピースを、お一人おひとりにカスタムメイドで製作し、ステップごとに順番に装着して歯を動かしていきます。
ワイヤーを使用しないため、装置をつけていても透明で目立たず、金属アレルギーの方でも心配ありません。また、ご自分で着脱が可能なため、矯正治療中も、食事や歯磨きの時は装置を外すことができるという、大きなメリットがあります。

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)の注意点

インビサライン治療は1日20時間以上の装着が前提となります。使用時間が足りないと治療も進まないばかりか、後戻りを起こしそれ以降の装置が使用できなくなります。取り外せるというメリットがある分、日ごろの努力が必要となる矯正装置です。マウスピースと併用して一部固定式の装置を使用する場合がある他、症例によっては適応できない場合がありますのでご相談ください。

※薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)治療は、インビザライン治療と同じマウスピースを使った矯正治療です。歯の動きにあわせて、その都度歯型をとってマウスピースをつくります。微調整が利き、簡単な部分矯正治療に適しています。

※薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

▲ページトップへ戻る

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療とは、小さなスクリューを歯茎に埋め込み、歯の移動に必要な固定源として患者様の矯正治療の負担を軽減するための治療法です。今までは難しかった歯の動きを可能とし、確実に治療結果を出すことができ、治療期間の短縮や歯を抜かない治療の可能性が増えました。簡単な術式であり、傷跡が残ることはありませんのでご安心ください。

インプラント矯正

▲ページトップへ戻る

スポーツ用マウスガード

歯型をとってより効果の高いマウスガードを作ります。スポーツ用マウスガードを着用することで、・歯の破折 ・歯の脱落 ・口の中のケガ ・あごの骨折 ・顎関節症 等を予防します。ラグビー、ホッケー、ラクロス、ボクシング、格闘技などのスポーツをおこなう際は、マウスガードの装着をおすすめします。矯正治療中でも、歯の移動に合わせて調整できますのでご相談ください。

極真マウスガード

極真マウスガード

当院は、極真会館認定マウスガード協力医です。歯型をとって、お口にぴったりのシリアル番号とロゴ入りの公認マウスガードをご用意いたします。歯型を採ってから約3週間お時間がかかります。

▲ページトップへ戻る

矯正治療の目安

矯正治療費・矯正期間は症例や治療方法により大きく異なりますので、コンサルテーション時に詳しくご説明いたします。 下記はあくまで一般的な目安として参考にしてください。

審美ブラケット

治療費の総額(目安) ※自費診療
440,000〜825,000円
初診相談:2,200円(メールでお申込みいただいた方、ご紹介の方は無料)
精密検査(コンサルテーション含):30,800円
通院毎の管理料:動的治療 1回 5,500円(概ね17回〜26回)、
保定 1回 3,300円(概ね8回)
オプション料金(ブラケットの種類によって):55,000円
審美ブラケットの総額の目安:592,900〜1,082,400円
(金額は全て税込)
治療期間(通院頻度)
動的治療 2年程度(4〜6週間に1回)
保定期間 2年程度(3ヵ月に1回)
副作用・リスク
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や歯のクリーニング、だ液検査などを実施し、リスクの軽減に努めています。

リンガルブラケット矯正法(舌側矯正)

治療費の総額(目安) ※自費診療
基本矯正料金:550,000〜825,000円
初診相談:2,200円(メールでお申込みいただいた方、ご紹介の方は無料)
精密検査(コンサルテーション含):30,800円
通院毎の管理料:動的治療 1回 5,500円(概ね17回〜39回)、
保定 1回 3,300円(概ね8回)
オプション料金:舌側装置(上顎のみ) 275,000円、
舌側装置(上下顎) 550,000円
リンガルブラケット矯正法(舌側矯正)の総額の目安:977,900〜1,648,900円
(金額は全て税込)
治療期間(通院頻度) 動的治療
動的治療 2〜3年程度(4〜6週間に1回)
保定期間 2年程度(3ヵ月に1回)
副作用・リスク
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるため、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や歯のクリーニング、だ液検査などを実施し、リスクの軽減に努めています。 矯正装置装着後に舌に違和感を感じる場合がありますが、次第に気にならなくなります。

マウスピース型矯正治療(インビザライン)の目安

治療費の総額(目安) ※自費診療
全顎:440,000〜825,000円
部分(前歯のみ、片顎のみ):220,000〜385,000円
オプション:165,000〜275,000円
初診相談:2,200円(メールでお申込みいただいた方、ご紹介の方は無料)
精密検査(コンサルテーション含):30,800円
通院毎の管理料:動的治療 1回 5,500円(概ね17回〜39回)、
保定 1回 3,300円(概ね8回)
マウスピース型矯正治療(インビザライン)の総額の目安:323,400〜1,373,900円
(金額は全て税込)
治療期間(通院頻度)
動的治療 1〜3年程度(4〜6週間に1回)
保定期間 2年程度(3ヵ月に1回)
副作用・リスク
装置の装着時間が足りないと後戻りを起こし、それ以降の装置が使用できなくなります。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用についてさらに詳しくはこちら

▲ページトップへ戻る

  • 治療のご案内
  • 治療のコンセプト
  • 矯正治療の流れ
  • 不正咬合の予防
  • 子どもの矯正歯科治療
  • 大人の矯正歯科治療
  • 矯正装置について
  • 歯並びの種類と治療例
  • 一般的なリスク・副作用
  • 矯正治療料金
  • 矯正治療Q&A
  • クリニックのご案内
  • ドクター・診療室紹介
  • アクセス・診療時間
  • クリニックからのお知らせ

京王線
府中駅 徒歩2分

JR南武線|JR武蔵野線
府中本町駅 徒歩7分

東京都府中市宮町1-23-9
中野ビル2F

ご相談・お問合せ
矯正歯科医会
求人募集